トップページへ戻る > 漢方薬で治療する

漢方薬で治療する


脂漏性皮膚炎は慢性化しやすいという非常に厄介な特徴を備えています。そのためこれが原因のフケ症もなかなか完治できず、大きな悩みとなるケースが多いのです。また、治療を行うことで改善されても、それをやめるとすぐに再発してしまうケースも少なくありません。それだけに日々の生活の中でいかに効果的な対策を行っていくかがテーマとなります。

そんな脂漏性皮膚炎がもたらすフケ症対策に役立つのが漢方です。健康目的から美容まで、さまざまな分野で活用されるようになっている漢方。脂漏性皮膚炎の治療にも役立てられています。

漢方で脂漏性皮膚炎の対策を行う際には皮膚科による治療と併用して行う場合と、自分で服用して行う場合とがあります。症状が重い場合には皮膚科の治療を受けた上で利用することが求められますし、そうでない場合にも事前に店頭で専門家に相談した上で利用した方がよいでしょう。

ではどのような漢方が脂漏性皮膚炎に効果的なのでしょうか。基本的には「十味敗毒湯」という種類が使用されます。これをベースに症状によっていくつかの漢方が併用されることになります。たとえば頭皮の炎症がかなり進んでいる場合、十味敗毒湯に加えて「黄連解毒湯」という漢方が使用されます。またフケがベトベトな状態になっている場合には「消風散」という漢方が使用されます。

漢方は副作用が少なく安全に服用できると言われています。しかしあくまで正しい漢方薬を適切な容量で使用してこそ効果が期待できるもの。利用する際には事前に情報を入手した上で賢く活用するようにしたいものです。

関連エントリー

Copyright © 2012 フケ症.net 【頭皮からボロボロ出てくるふけを防ぐにはどうする?】. All rights reserved