トップページへ戻る > 脂漏性皮膚炎と脱毛

脂漏性皮膚炎と脱毛


脂漏性皮膚炎がもたらすフケ症は早めに対処することが重要です。放置しておくとますますフケに悩まされるだけでなく、脱毛をもたらす可能性もあるからです。

脂漏性皮膚炎とは皮膚に炎症が発症している状態のことです。それによって皮膚が角化し、それが剥がれ落ちてフケになります。原因は必ずしも明らかになっている状況ではありませんが、マラセチアという真菌の活発化がおもな要因とも言われています。

この脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌量が多い人になりやすいとも言われています。頭皮のほか、額など皮膚でもとくに皮脂の分泌が多いところに発生しやすいのも大きな特徴です。フケ症も皮脂によってベタベタとしていたり、フケ同士がくっついて固まっているなどの特徴が見られます。この状態が悪化するとフケだけでなく抜け毛をもたらすようになるのです。

炎症を起こし、皮脂が毛穴を塞いでしまっている状態になるとフケだけでなく痛みやかゆみが伴ってきます。その結果毛穴が化膿してしまい、さらに毛根の部分にまで炎症が進行することで脱毛が発生するのです。

ですから、脂漏性皮膚炎によるフケ症になってしまった場合にはできるだけ早く対処することが求められます。脂漏性皮膚炎が脱毛をもたらすケースはそれほど多くなく、フケ症に比べれば危険は少ないといえますが、やはり注意が必要でしょう。シャンプーやマッサージ、あるいは薬などでの対策が求められますが、毛穴にダメージをもたらさず、頭皮と毛髪をいたわりながら行っていくことがポイントとなるでしょう。

関連エントリー

Copyright © 2012 フケ症.net 【頭皮からボロボロ出てくるふけを防ぐにはどうする?】. All rights reserved